この記事は約 3 分で読めます

ヴォクシー

 

最近はセダンがまったく売れなくなっており、ミニバンの人気が高くなっています。

 

やはり、ミニバン独特の広い室内からくる解放感は、一度乗ると病みつきになってしまうのでしょう。

 

ミニバンの中でも特に人気になっているのが、トヨタのヴォクシーのような5ナンバーサイズのモデルです。

 

 

ミニバンというとボディが大きいイメージがありますが、日産のセレナやホンダのステップワゴン、トヨタのヴォクシーは基本的に全長も全幅も5ナンバー枠にしっかりとおさまっています。

 

ヴェルファイアやアルファードのような3ナンバーサイズのミニバンだと、取り回しが大変なこともあり女性などには敬遠されがちですが、5ナンバーサイズに収まるボディであれば、それほど運転に苦労することはありません。

 

室内がセダンにくらべて圧倒的に広いにもかかわらず、ボディのサイズは5ナンバーサイズで取り回しが楽にできるわけですから、ヴォクシーやセレナが人気になるのも当然といえます。

 

 

また、下取りに出すときも、セダンの査定額が二束三文になってしまうのに対して、ミニバンのリセールバリューは非常に高くなっています。

 

特にヴォクシーのリセールバリューは高く、ZS煌(きらめき)というグレードの場合、10年落ちであっても30万円前後で下取りをしてもらうことが可能です。

 

クルマ買取専門店に持ち込む場合ですと、40万円前後の査定額になります。

 

よく10年落ちのクルマはまともな価格で売れないので廃車にするしかないなどと言われますが、トヨタのヴォクシーに関してはまったく当てはまらず、十分なリセールバリューがあることがお分かりになるかと思います。

 

ちなみに、同じくヴォクシーのZS煌を5年落ちでみてみますと、下取りの場合で110万円前後、買取専門店に持ち込んだ場合だと130万円前後で売却をすることができます。

 

 

ヴォクシーのようなリセールバリューの高いクルマであれば、下取りのお金をそのまま頭金にまわすことができますから、その後のローンの支払いが楽になります。

 

つまり、リセールバリューの高いクルマは、乗り潰すよりも新車で購入して3年目や5年目の車検のタイミングで乗り換えをした方がお得になるということがいえます。

 

1台のクルマを長く乗ることを好まない人にとっては、まさにヴォクシーは最適なクルマということがいえるでしょう。

 

現行モデルは3代目となりますが、ヴォクシーのすごいところはモデルチェンジをしても人気が衰えることがないという点です。

 

 

たとえ人気モデルであっても、モデルチェンジに失敗をして売れなくなってしまうケースは少なくありませんが、ヴォクシーに関してはそういったことはなく、2001年に登場した初代モデルからずっと売れ続けています。

 

 

ヴォクシーは、同じトヨタのノアと兄弟車であり、フロントとリア周りのデザインが多少違う程度で、基本的にはまったく同じクルマといえます。

 

しかし、新車の販売台数を比較してみますと、圧倒的にヴォクシーの方が売れています。

 

ヴォクシーの「チョイ悪」をイメージさせる精悍なマスクが、ファミリー層だけではなく、独身の若者などにも受け入れられているのでしょう。

 

 

ヴォクシーには、2014年に登場した3代目からハイブリッド仕様が加わりました。

 

ミニバンは車重が重く、ボディの形状も箱型であることから空気抵抗が高くなり、燃費に関しては非常に不利です。

 

しかし、3代目のとなってハイブリッドモデルが登場したことで、ミニバンのウイークポイントであった燃費の悪さが大幅に改善されたことになります。

 

ただし、ハイブリッド仕様のヴォクシーは、普通のガソリン仕様のモデルにくらべて、新車価格が40万円~50万円ほど高くなっていますので、実際に購入するときには頭を悩ませそうです。

参考記事:ヴォクシーの買取り相場と査定価格を下取りの場合と比較~5年落ちと10年落ちの事例