この記事は約 2 分で読めます

姓名判断

 

数ある姓名判断サイト、そして命名士の中で日本で一番と言われているのが「彩聖健人先生」です。

 

 

彩聖健人先生の紹介を軽くしますと、元々は若い時はマジシャンをやられていたそうで、この職業の経験が彼を非オカルト派にしたといっております。

 

そこから独学でありとあらゆる、占いの方法を学び、すべての占いに精通した後、今までの経験と心理学の知識を動員した「東易心理学術」という彼しかできない占いの開祖となられます。

 

 

彩聖健人先生は10万人以上、占ってきて、占いの仕事がメインかと思ってますと、先生本人は占い以上に「インチキの占い師や弱者からお金を取って騙す霊媒師の退治の方がメインになっている」と笑っておりました。

 

それは対面鑑定ではなく、ネットの占いサイトもそういった仕組みになっているらしく、ほとんどのサイトがかなり適当にアクセスだけを集めてお金儲けの為にやっているだけ。と先生は語り、そういったサイトを一線を画す為に先生はご自分できちんと正しいサイトを運営しようと思ってサイトを立ち上げたみたいです。

 

 

妥協を許さぬ先生は、毎日サイトのアルゴリズムを作ってくださる知人のプログラマーと一年以上も、やりとりを重ねてやったサイトをオープンできた。と語っております。

 

 

 

また、それだけは完璧ではないので、日々の診断されるデータをどんどんとサイトに追加していき、人の行動や心理などを分析し、サイトをブラッシュアップ化を何度も行い、よりサイトをユーザーが使いやすく、見やすく、使ってよかったと思えるように進化させ続けていくと話しています。

 

 

たしかに他のサイトにはない、〇〇格順に並べる。
ひらがなから漢字を探す、また、どのような名前を一番多く診断されているかなどまったく他の姓名判断サイトにはないデーターを取り続けています。

 

 

先生は最近はキラキラネームというひどい名前が増えてきているので、そうった名前を付けないような運動もネット以外で行っております。

 

キラキラネームが流行りだしているのはごくごく一部の家庭で、きちんとした家ほど生まれてくる子供にちゃんとした名前を付けているので、その部分は安心ですが、その一部の適当にひどい名前を付けられて将来苦しむ子供を少しでも減らすための運動や活動をより多くの人に知ってもらい、正しい家庭を日本に増やしたいと心の底から思っているそうです。

 

姓名判断や画数を疎かにしている人間が未だにいるのが悲しいと思っているそうで、自分の子供なので、もうちょっとだけでも子供の人生を考えてあげてほしいと切に願います。