この記事は約 2 分で読めます

 

 

現在大流行中のハーバリウム♪

 

 

今までに無かった表現でお花や植物を美しく楽しめることでインスタグラムから火が付き大衆にまで広がりました。

 

インテリアとして飾るだけでイージーにかわいい空間を演出することが出来ます。

 

 

ハーバリウム(herbarium)とは植物標本のことを意味していました。

植物標本って肩ぐるしい表現ですが、現代のハーバリウムはとても多極的に進化しているんです。

ハーバリウムの最大の特徴は、お花や植物を瓶グラスの中に封入して、美しさを長い期間鑑賞できるところです。

 

ステキで素晴らしいのは承知だけど
『ハーバリウムって購入するには少し高額だしなあ・・・』

 

いざ購入しようと思っても
『自分好みのレイアウトや花材がないなあ・・・』

 

製作してみたいけど
『本当に一人でできるの?とても難しそう・・・』

 

そんなことを考えてしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

作り方のコツさえ知ることができれば誰でも簡単に自作できるんですよ♪

そこでハーバリウムの作り方のコツをお伝えしたいと思います。

 

 

 

[準備]

・瓶
・専用オイル(ベビーオイルでも可)
・プリザーブドフラワー、ドライフラワー、植物
・ピンセット(なければ割り箸でも大丈夫です)
・はさみ
・キッチンペーパー(オイルがこぼれたときに拭くのに最適です)
・ゴミ袋(オイルがこぼれてもそのまま捨てることができて楽です)

 

 

[構成]

①花材を挿入する前に、どんなデザインにしたいか花材をすべて並べてイメージしてみましょう。

一度オイルを入れるとやり直しがうまくいかないのです。

完成イメージを思い浮かべて、花材のボリュームと長さをあらかじめハサミで切って並べるのがコツです。

 

 

[挿入] 構成した花材を、下層に配置するものから順番に入れていきます。

ピンセットで、構成を意識しながら配置を微調整しながら挿入していきます。

置を調整したり、花材同士の引っ掛かりを調整しながら入れていきましょう。

 

 

[オイル] ゆっくりと専用オイルを瓶に流し入れていきます。

傾けた瓶の内壁を沿うようににオイルをいれていくと、花材の配置がずれたり花材が潰れりのを阻止することができます。

 

以上です♪
簡単ですね^^

 

 

お好みでフタの周りにリボンを巻いたり、瓶の側面にシールを張ったりすれば高級感がアップしてなお映えますね♪

 

自分でも作れる気がしてきませんか??

 

ぜひあなただけのハーバリウムを自作してハーバリウムづくりの楽しさを味わってくださいね。

 

それでもまだ難しそうと思ってしまうかたにはすべての材料が入ったハーバリウムキットも販売しているので、こちらから挑戦してみるのもおススメですよ♪