この記事は約 3 分で読めます

 

短期間で痩せる為にダイエットを始めると、何故か無性にお菓子とか食べたくなりませんか?

 

恐らく日頃は食べているという事実をそこまで意識していなくても、「食べない!」と自分で決めてみたらそのお菓子なりなんなりを食べている頻度を実感することになるのだと思います。

 

 

ダイエットをする上で食欲は最大の難敵となります。その食欲を抑えることさえできれば、短期間で劇的に痩せることも可能となります。

 

今回は食欲を抑えるのに私が実践して効果が大きかったと感じられる方法をいくつかご紹介いたしますので、頻繁に物をつまむ癖の付いてしまっている方は実践してみて下さい。

 

 

口寂しさを紛らわせる!

 

 

まず私が最初に食欲対策として実践したのは、口寂しさを紛らわせる事でした。

 

ポテトチップスや炭酸飲料、果てには甘いジュースやチョコレートなども食べていた私は、それはそれは太らないほうがおかしいと思われるくらいに間食をしていたと思います(笑)。

 

そこで、それら全ての物をつまむことを止めました。代わりに買ったのはガムです。

 

あまり普段口にすることは無いのですが、虫歯予防にもなりますしあまり糖分が含まれている印象がありませんでしたので、ガムを買って食べるようにしました。

 

 

そして飲み物は全てお茶か水です。カロリーが含まれている水分は摂らないように徹底しました。

 

ガムを噛むだけでだいぶ食欲は抑えられましたし、飲み物もジュースが好きというだけであってお茶や水が嫌いという訳ではありませんでしたので、実際口に含むまではジュースが飲みたいと思っていても、いざお茶を飲むとそれで満足できることが多かったので効果はかなり高かったと思います。

 

 

意外と効果あり?外出しよう!

 

 

次に食欲対策として実践して効果が得られたのは、とにかく外出することでした。

 

別に走る必要はありません。運動を目的としているのではなく、食欲を遠ざける事を目的としていますので、特に運動しようと身軽な格好に着替えなくても大丈夫です。

 

こちらは実際にやってみると分かりますが、思っている以上に効果が感じられます。というのも、歩いているとあまり何かを食べたいと思わなくなるのです。

 

 

もちろん断食しているレベルで空腹に耐えているとどういったシチュエーションであろうと何かを食べたいと考えてしまいますが、多少の空腹感や食欲は紛らわせることが出来ますので、是非試しに外を出歩いてみて下さい。

 

上記2つの事を実践するだけでかなり食欲を抑える事が私は出来ましたので、その分ダイエットは捗ったと思います。

 

 

特に外出は「ダイエットをしなければいけない!」という気持ちから来るフラストレーションも紛らわすことが出来ますので、本当にオススメですよ!

 

 

まとめ

 

 

何かを食べてしまうとそれだけで太ってしまう要因の一つとなりますが、ただ健康的に三食食事を摂っているだけではそうそう太ることはありません。

 

間食をしてしまうのは太る要因として特に挙げられる点だと思いますので、短期間で痩せたいならしっかりと意識して止めるようにしましょう。

 

また、私もそうでしたが、「食べない」ことは意識出来ても「飲まない」ことを意識できない方は多いようです。

 

 

甘いジュースや缶コーヒーにも糖分はたっぷり含まれていますので、頻繁に飲んだり習慣化してしまっている方は注意するようにして下さい。

 

ほんのちょっと意識を向けない、飲み食いの事を考えないようにするだけで体重は減ってくれます。年齢を重ねていなければいないほど痩せやすくもなります。

 

 

私は30歳になりますがそれでも痩せる事が出来ますので、同年代の方や年下の方は特に信憑性を感じられるのではないでしょうか。

 

是非食欲を撃退して効果的なダイエットを実現してみて下さいね。