この記事は約 3 分で読めます

脳をフル活用してカロリー消費!勉強しながら簡単ダイエット

簡単ダイエット

 

 

勉強ばかりしていると、体を動かす時間が少なくなって太ってしまいがちですよね。

私も高校生の時は進学コースに入ったため、毎日勉強漬けで運動する時間がほとんどありませんでした。

 

ある時、大量に数学の課題を出されてほぼ徹夜で取り組んだことがありました。その時に編み出したのが勉強して痩せる簡単ダイエットです。

頭を使うだけで痩せられる簡単ダイエットですし、しかも賢くなれるのでおすすめです!

 

 

1.勉強で頭を使いまくる

 

脳の消費カロリーは全身の消費カロリーの約20%です。100kcal摂取したとしたら、ものすごく勉強すればそのうちの20kcalを脳だけで消費できるということになりますよね。

 

勉強すると交感神経が優位になって、カロリーの消費量が増えるんです。このことを知ってからは、勉強=ダイエットと考えられるようになってやる気が出るようになりました。

 

勉強していたら太るとネガティブに考えていた時に比べて「課題は大変だけど、これで痩せるならラッキー」とポジティブに考えられるようになりました。

 

2.数学は特におすすめ

 

勉強といっても科目は色々あります。その中で、一番効果があったのは数学です。

私の場合は数学の先生が一番厳しかったということもあるかもしれませんが、一番頭をフル活用したのは数学だったと思います。

 

数学は基本的な問題を解くのにも頭を使います。さらに応用問題ともなると、常に頭をフル回転させておく必要があります。つまり脳がものすごいカロリーを消費しているということですよね。

 

大量に課題をやった次の日の朝に体重計に乗った時、前日に比べて1kgも体重が減っていたことがあります。

見間違いではないかとなんども測り直しましたが、確かに1kg減っていました。その後もそのマイナス1kgをキープできました。

 

3.解けないと痩せない?

 

そこで他の日にも「数学をやって痩せるぞ!」と思ったのですが、その時は問題が難しすぎて全く解けませんでした。ウンウン唸って考えるのですが、1問も先に進みません。

それでも悩んだから頭を使ったと思ったのですが、次の日に体重を測っても全く減っていませんでした。

 

もしかすると、数学で頭を使い、さらに解けるという快感を感じないと痩せないのかもしれません。

 

4.できる問題を解きまくる

 

解けないと痩せないならということで、解ける問題を解きまくることにしました。参考書の問題を順番に解いていって、わからないところは後回しにするという感じで進めました。

 

結果的に簡単な問題が多くなってしまいますが、そのうちに問題に頭がついていって飛ばした問題が理解できるようになります。そうしたら後に戻ってやるという感じで進めました。

 

できる問題を解いた結果、次の日には0.5kg落ちていました。たまたまかもしれませんが、できる快感があった方が痩せると思います。

 

5.時間を忘れる

 

勉強で頭を使うメリットは、時間を忘れられるというのもありますね。ダラダラ問題を解いている時はダメですが、集中して問題を解いているとご飯の時間も忘れて集中していることがありました。

 

こういう集中力が持続している時は「お腹減ったな〜」とか「お菓子食べちゃおうかな」などと思わないので、結果的に余計なカロリーを摂らずに済みます。

 

夜遅くまで勉強をしているとお菓子に手が伸びがちですが、とにかく集中して勉強に取り組む環境を作ることができれば痩せられました。

 

もちろん、あまりにも長時間やり続けていると疲れるのでたまにペットボトルのお茶を飲むくらいはしました。その時はウーロン茶かほうじ茶を飲んでいました。

 

まとめ

 

1.勉強で頭を使って簡単ダイエット

2.数学はカロリー消費に効く

3.問題が解けないと痩せられないかも

4.できる問題を解くようにすると痩せた

5.時間を忘れることでカロリー摂取を防ぐ

 

という感じで、私は勉強をしながら簡単ダイエットをしました。高校生になると勉強時間が増えて体重が増えやすくなりますが、勉強でカロリーを消費すれば賢くなりながら簡単ダイエットができますよ。